ヒートポンプを利用したエアコン設備

ヒートポンプとはポンプの周りの熱を集めて空気を圧縮することで熱を取り出したり、空気を膨張させることで冷やしたりする装置です。ヒートポンプを利用することで効率よく温度調節することができるため、多くの設備に利用されています。

主なものとしてエアコンや冷蔵庫がありますが、中でも地中熱を利用したエアコンが近年増えています。

ヒートポンプは少ないエネルギーで多くの熱を取り出すことができますが、地中熱を利用することでさらに効率よく熱を取り出せます。

ヒートポンプに有効な知識の紹介です。

地中熱をヒートポンプにて使用することにより、一年中快適な室温を保つことができます。


地中は温度が一定のため、夏場は冷たく冬場は温かいのが特徴です。

夏場は地中の冷たい空気を室内に流し、冬場は地中の温かい空気を室内に流すことで室温を保つことができます。

さらに、地中熱を利用すると外気温が低い状態でもエアコンを使用することも可能です。

そのため、一般的なエアコンよりも省エネルギーで効率よく室内を快適な温度にすることができます。地中熱を利用したエアコンを使用する場合、初期費用が高くなってしまうため注意してください。



地中熱を利用する場合は地中深くに穴を掘る必要があるからです。



また、穴を掘る前に地盤の調査や必要な穴の深さ等を計算する必要があります。

また、地中熱を利用した設備を設置できる業者は限られ敷地面積もある程度必要になるため、実際に設置できるかどうか事前に確認してください。