代表的なスケール除去方法の紹介です

「スケール除去」と聞いて何を除去するかわかる人は少ないのでではないでしょうか。

スケール除去は支持されています。

「スケール」は、水に含まれるカルシウムやマグネシウム、シリカなどからできてしまった無機塩類化合物がさまざまな設備表面に付着したものを指し示す言葉です。
これらは非常に硬く水に溶けることはありません。



そのため、いったん設備表面に付着し始めると何かしらの処置をしない限りひたすら蓄積し続けてしまう厄介な存在です。

カルキと呼ばれることもあるこの「スケール」は、私たちの生活の身近に潜んでいます。

熱交換器やボイラー、タンクといった見えない装置の中以外にも、お風呂場や洗面所にも知らぬ間にたまっています。

鏡や蛇口の片隅に白い何かが付いてしまっている状態は誰もが見たことがあると思います。


これがスケールです。
そんな厄介なスケールの代表的な除去方法は、2つあります。最もシンプルなスケール除去方法は、スケールを削って落とすものです。

ダイヤモンドパッドなどで磨くことでスケールを除去するもので、実際にやったことがある方も多いかもしれません。


その欠点は対象が傷がつきやすい点にあります。
そんな古典的な研磨に対して近年注目を集めているもう1つのスケール除去方法が、洗浄剤を使用するものです。
これまではスケール除去に有効な市販の洗浄液の数が少なく一般人には少し遠い存在でした。

しかし近年技術の進歩とともにその種類が急増しています。



研磨と違い傷つくリスクがないため、洗浄剤を使用したスケール除去が近年主流になりつつあると言われています。