アルカリ洗浄液は優れた特性を持っています

アルカリ洗浄液は社会のいろいろな場面で役に立っています。

アルカリ洗浄液について親身になってアドバイスいたします。

通常の汚れであれば、多くはアルカリ剤で除去することができると言われているほどです。
通常の洗浄剤は界面活性剤の働きによって汚れを包みこんで除去するメカニズムを持っております。アルカリ洗浄液であれば、汚れを溶かすことによって除去するのです。

そんな特性を持つところから、金属を洗浄する場面で使われる事例もあります。アルカリ洗浄液は多くの特徴を持っています。

油汚れや皮脂汚れに強いというのが、よく指摘されるポイントです。
油脂の成分である脂肪酸がアルカリと反応して、石鹸状のものを作ります。
そこで石鹸になった油汚れというのは、もはや汚濁ではなくあんってしまうのです。


石鹸と化した脂肪酸は、以降は他の汚濁を除去する営みをサポートしてくれます。
こういった仕組みがあるので、アルカリ剤は油や皮脂汚れをきれいに落としていきます。



またタンパク質汚れに強いのも見逃してはならない特徴です。

タンパク質汚れの典型的なものと言えば、垢や飲食物の食べこぼし、血液などがあります。



元来、タンパク質は多くのアミノ酸が結合して成り立っていますが、アルカリはその結合を断ち切って分解したり、結合を緩和して構造を変化させたりする作用を果たすのです。
するとタンパク質は脆弱となり、繊維に固着する力も減じてきます。


ですからほんの少しの力を加えるだけで、簡単に洗い流すことが可能となるのです。