捨てられていた排熱利用ができる循環社会

今まで活用されていなかった排熱を利用しようとする動きがあります。


例えば、ペットボトル製品を殺菌処理する過程で発生する冷却水は、品質管理の関係で再利用できずすべて廃棄されました。
廃水から排熱を回収して熱回収型のヒートポンプを導入することで排熱利用のシステムができあがったのです。

こだわりの高い排熱利用に関する最新情報はこちらです。

工程で発生する排水は、50〜70度という高熱です。

それを熱交換器を通すことで今まで活用されていなかった排熱を取り出しさらに熱回収型のヒートポンプを使うことで更に回収熱量を増やして重油を使ったボイラーシステムでの給湯に利用することでエネルギー消費の削減に成功しました。
このような工場で発生していた排熱は、利用されずに多くが捨てられていました。


設備冷却水や洗浄廃水など同じような排熱利用できる施設がわが国には多くあるのが現状です。



生産過程で発生する排熱利用が進むことで無駄にしてきた熱エネルギーを活用することができます。


導入コストとエネルギー使用削減効果(重油を燃焼が削減)を考慮した場合6年で投資額は回収できます。



排熱利用に対する熱利用関連の補助金制度もありますので、導入のハードルが低くなっています。

省エネ社会を志向する企業に導入しようとする動きが高まります。
大規模な再生エネルギーの活用を大規模施設で活用することも始まりました。排熱は、地域全体で活用することが望ましいエネルギーでもあります。
温泉を利用した排熱活用のシステムも稼働します。